乳幼児 便秘 病院

病院に行く目安は?

乳幼児の便が何日も出ていないと、親もとても心配になりますし、病院にいったほうがよいかどうかと迷うものですね。

 

うんちを出すのが2〜3日に一回であっても、普通のやわらかい便で子ども自身が元気なら特に心配することはありませんし、病院にかかる必要もないでしょう。

 

便の回数はその乳幼児の体質などによって異なりますから、一概に何日出ないと便秘だとか、病院に行かなくてはならないといった目安はありません。

 

ですから、子どもの機嫌と普段の排便の様子や回数から便秘かどうかを判断する必要があります。

 

例えば、1日3回排便していた乳幼児が1日1回になった場合は便秘を疑う必要があるかもしれませんし、2日に1回だった子が3日出ていないとしても便秘だとはいえないかもしれません。

 

しかし、乳幼児の便がずっと出ておらずお腹が張って食欲がなくなったり、大きな便がコロコロして硬かったり、肛門に傷がついていて痛がったりする場合は、病院に相談するほうがよいでしょう。

 

また、いつもよりもぐずっていたり、機嫌が悪そうなときも念のために受診して下さい。

 

さらに機嫌が良く見えても1週間以上も便が出ていないとすると、やはり心配な面がありますので病院で相談したほうがよいと思います。

 

病院の先生

病院では検査をしても便秘以外に他の健康上の異常がなければ、ラキソベロンなどの下剤を処方してくれたり、浣腸でたまった便を出してくれたり、肛門に傷がついている場合は軟膏を塗ってくれます。

 

他に病院にかかったほうがよい状況としては、便の様子がいつもとまったく違う場合です。

 

たとえばタール状の便の場合は胃や腸からの出血の可能性が考えられ、真っ白い便は胆道閉鎖症などの病気が疑われます。

 

またお米のとぎ汁のような水っぽい便が出た時は、ロタウイルスの感染の可能性があります。

 

病院にかかるほどの便秘ではない場合でも、乳幼児の便の状態や排便の様子にはいつも注意を払っておきたいものです。

 

 

尚、病院ではたまった便を出す薬を処方してくれたり、改善のアドバイスをもらえますが、便秘を治してくれるわけではありません。

 

乳幼児の便秘を改善するためには、家庭での食事や生活習慣を変えていき、便秘になりやすい体質自体を改善する必要があります。

 

 

乳幼児の便秘で最後の奥の手 コチラへ