赤ちゃん 便秘 砂糖水

砂糖水は本当に効くの?

赤ちゃんが便秘になった時に砂糖水を与えると良いということは、結構昔から言われてきたことのようです。

 

確かに砂糖水は浸透圧が高いので腸管内に水分を引き込む力があります。

 

はいはい

通常は大腸でウンチの水分が段々と吸収されていき、ウンチは硬くなっていきますが、砂糖水の浸透圧で腸壁から腸管に水分が呼び込まれることで、腸内の便は水分を保持しやわらかくなります。

 

また腸内で水分が移動することで刺激が生まれ、腸の働きが活発になるという面もあります。ですから、赤ちゃんが便秘のときに濃度5%程度の砂糖水を与えてみるのは有効な場合があります。

 

つくり方は、湯冷まし100ccに小さじ一杯程度(約5g)の砂糖かグラニュー糖を混ぜて、哺乳瓶を人肌に温めます。1回に20cc〜30cc程度を授乳に影響のないタイミングで与えてみましょう。

 

ただ砂糖水を使うのは、人工的に下痢に近い状態を起こさせるためお医者さんの中には勧めない人もおられるようです。あまり多用するのは控えたほうがよいかもしれません。

 

また砂糖は腸内細菌である悪玉菌のエサになるとも言われており、便秘の続いている赤ちゃんにはあまりおすすめできません。

 

赤ちゃんの便秘の根本の原因は腸内環境が整っていないということにあるからです。

 

砂糖水を継続的に与えるのであれば、善玉菌を活発にするオリゴ糖のほうを白湯やミルクに混ぜて与えるほうが最善だと思います。オリゴ糖は糖分によってウンチをやわらかくする効果もありますが、何よりも腸内のビフィズス菌を増やすことで腸内環境を理想の状態にしてくれるという効果が期待できます。

 

中でも純度が高く、30種類以上のビフィズス菌を活発化する「EOS理論」のオリゴ糖は一番おすすめできます。

 

 

EOS理論のオリゴ糖はこちら

 

赤ちゃんの便秘に砂糖水がいい理由関連ページ

乳幼児の便秘解消の鉄則
乳幼児の便秘解消の鉄則を解説しています。乳幼児の便の状態から判断する解消のポイントとは?
我が家の改善法
ほとんどのお母さんは乳幼児の便秘で悩んだ経験があります。そして、その改善法も実に様々です。あちこちから集めた改善法をご紹介します。
習慣化を防ぐコツ
便秘の習慣化を防ぐには子供の括約筋の発達する時期がカギを握っています。
子どもの便秘とヨーグルトの効果
子供の便秘によいといわれるヨーグルト。でも全然効かないという人も少なくありません。ヨーグルトは本当に便秘解消に効果があるの?
赤ちゃんの便秘で病院に行ったほうがよい場合
赤ちゃんの便秘解消の専門サイト。赤ちゃんの便秘で病院に連れて行くときの注意点を解説しています。
赤ちゃんが便秘で吐くとき
赤ちゃんは便秘が続くと吐いてしまうことがあります。嘔吐するほどの便秘はかなり重い状態といえますから受診が必要です。
だんだんとかたくなる乳児のうんち
乳児のうんちが成長によってどのように変化するのかを解説しています。
乳児の便秘と出血
乳児が便秘で出血した時の対処の方法について。
小児の便が出ないときのチェックポイント
小児が便秘がちのときの2つのチェックポイントを解説しています。便秘の解消はまずは原因を突き止めることから!
乳児の便秘と離乳食の関係
乳児の便秘と離乳食の関係について解説しています。
食物繊維について
ひとくちに食物繊維と言ってもいろいろあります。上手な使い方は?
便秘は遺伝?
親も便秘がちだと子供も便秘になりやすいのでしょうか?それとも他に原因が?
夜更かしも子供の便秘の原因に
子供の夜更かしに注意!便秘の原因にもなるようです。子供が便秘がちのときは生活習慣を見直すことからはじめてみましょう。