食物繊維

食物繊維の基本知識

子供の便秘でも食物繊維を十分に含んだ食事が効果的です。

 

でも食物繊維にもいろいろ種類があり、上手に組み合わせることで効果がアップしたり、逆に便が出にくくなったりすることもあります。

 

まず、そもそも食物繊維とはどのようなものでしょうか?

 

簡単に言うと、食物の成分のうち消化されないもののことです。

 

少し前の時代までは食物繊維は消化されないのだから不要なのではないか、と思われてきました。

 

しかし、食物繊維が大腸の働きをよくする上で大切な役割があることが知られるようになりました。

 

食物繊維は、排便の促進だけでなく、肥満の防止やコレステロールの上昇抑止、血糖値の上昇抑制、その他たくさんの健康にプラスとなる働きをしてくれます。

 

ところで、食物繊維は様々な食品に含まれていますが、大きく分けると2種類に分類できます。

 

ひとつは、水に溶けにくい不溶性食物繊維というものです。

 

もうひとつが水に溶けやすい水溶性食物繊維というものです。

 

不溶性食物繊維にはゴボウやイモ類などの根菜類、穀物、豆類などが含まれます。

 

水溶性の食物繊維としてはワカメや昆布などの海藻類、こんにゃくなどが含まれます。

 

大人が便秘のときには、食物繊維のとり方として不溶性食物繊維が2に対して、水溶性食物繊維が1という2対1の割合が最適といわれています。

 

不溶性食物繊維ばかりをとると便が硬くなってしまい、かえって便秘の原因になるからです。

 

また同じ理由で食物繊維をとるときは必ず水分と一緒にとるように勧められています。

 

まだ幼い子供の場合は、腸が十分に発達していませんから、水溶性食物繊維のほうを中心にもってきたほうがよいでしょう。

 

ワカメのお味噌汁とかこんにゃくを細かく砕いた料理などはおすすめです。

 

 

 

 

 

食物繊維について関連ページ

乳幼児の便秘解消の鉄則
乳幼児の便秘解消の鉄則を解説しています。乳幼児の便の状態から判断する解消のポイントとは?
我が家の改善法
ほとんどのお母さんは乳幼児の便秘で悩んだ経験があります。そして、その改善法も実に様々です。あちこちから集めた改善法をご紹介します。
習慣化を防ぐコツ
便秘の習慣化を防ぐには子供の括約筋の発達する時期がカギを握っています。
赤ちゃんの便秘に砂糖水がいい理由
赤ちゃんの便秘に砂糖水が効く理由とつくり方を解説しています。すぐに試せるいい方法です。
子どもの便秘とヨーグルトの効果
子供の便秘によいといわれるヨーグルト。でも全然効かないという人も少なくありません。ヨーグルトは本当に便秘解消に効果があるの?
赤ちゃんの便秘で病院に行ったほうがよい場合
赤ちゃんの便秘解消の専門サイト。赤ちゃんの便秘で病院に連れて行くときの注意点を解説しています。
赤ちゃんが便秘で吐くとき
赤ちゃんは便秘が続くと吐いてしまうことがあります。嘔吐するほどの便秘はかなり重い状態といえますから受診が必要です。
だんだんとかたくなる乳児のうんち
乳児のうんちが成長によってどのように変化するのかを解説しています。
乳児の便秘と出血
乳児が便秘で出血した時の対処の方法について。
小児の便が出ないときのチェックポイント
小児が便秘がちのときの2つのチェックポイントを解説しています。便秘の解消はまずは原因を突き止めることから!
乳児の便秘と離乳食の関係
乳児の便秘と離乳食の関係について解説しています。
便秘は遺伝?
親も便秘がちだと子供も便秘になりやすいのでしょうか?それとも他に原因が?
夜更かしも子供の便秘の原因に
子供の夜更かしに注意!便秘の原因にもなるようです。子供が便秘がちのときは生活習慣を見直すことからはじめてみましょう。