乳児 便秘 出血

乳児が便秘で出血したら?

何日も排便のなかった乳児の便に出血が見られたら、肛門に傷がついている可能性があります。

 

乳児の出血

このような肛門の傷は、「肛門裂傷」と呼ばれます。

 

これはかたくなった便が肛門を通過する時に粘膜を傷つけてしまうことが原因です。

 

傷ついた部分は神経が過敏になっており、小さな傷でも強い痛みを感じます。特に排便時に痛みを感じますから、乳児は排便を嫌がるようになります。

 

乳児が痛みのために排便をがまんするようになると便秘がひどくなってますます便が硬くなり、肛門が切れるという悪循環になってしまいますから、原因となっている便秘を解消することが何より大事です。

 

肛門裂傷は慢性化してしまうと潰瘍になって炎症を起こすこともあります。

 

小児科では乳児の出血している場所を探し、軟膏を肛門のまわりと内側に塗って排便の痛みがやわらぐようにしてくれます。

 

ご家庭でもぬるま湯で乳児のお尻を洗ってあげて、ベビーオイルや軟膏で傷口を保護しておくと良いでしょう。

 

乳児の便に出血が見つかった時は、肛門裂傷を悪化させないためにも便秘を早く解消してあげましょう。

 

 

乳児のかたい便をやわらかくする方法 コチラへ

乳児の便秘と出血関連ページ

乳幼児の便秘解消の鉄則
乳幼児の便秘解消の鉄則を解説しています。乳幼児の便の状態から判断する解消のポイントとは?
我が家の改善法
ほとんどのお母さんは乳幼児の便秘で悩んだ経験があります。そして、その改善法も実に様々です。あちこちから集めた改善法をご紹介します。
習慣化を防ぐコツ
便秘の習慣化を防ぐには子供の括約筋の発達する時期がカギを握っています。
赤ちゃんの便秘に砂糖水がいい理由
赤ちゃんの便秘に砂糖水が効く理由とつくり方を解説しています。すぐに試せるいい方法です。
子どもの便秘とヨーグルトの効果
子供の便秘によいといわれるヨーグルト。でも全然効かないという人も少なくありません。ヨーグルトは本当に便秘解消に効果があるの?
赤ちゃんの便秘で病院に行ったほうがよい場合
赤ちゃんの便秘解消の専門サイト。赤ちゃんの便秘で病院に連れて行くときの注意点を解説しています。
赤ちゃんが便秘で吐くとき
赤ちゃんは便秘が続くと吐いてしまうことがあります。嘔吐するほどの便秘はかなり重い状態といえますから受診が必要です。
だんだんとかたくなる乳児のうんち
乳児のうんちが成長によってどのように変化するのかを解説しています。
小児の便が出ないときのチェックポイント
小児が便秘がちのときの2つのチェックポイントを解説しています。便秘の解消はまずは原因を突き止めることから!
乳児の便秘と離乳食の関係
乳児の便秘と離乳食の関係について解説しています。
食物繊維について
ひとくちに食物繊維と言ってもいろいろあります。上手な使い方は?
便秘は遺伝?
親も便秘がちだと子供も便秘になりやすいのでしょうか?それとも他に原因が?
夜更かしも子供の便秘の原因に
子供の夜更かしに注意!便秘の原因にもなるようです。子供が便秘がちのときは生活習慣を見直すことからはじめてみましょう。