子ども 便秘 ヨーグルト

ヨーグルトは便秘解消にいいって本当?

子供の便秘解消法として、多くの親御さんが思い浮かべるのがヨーグルトです。

 

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますから、それが腸の働きにいい影響を与えて便秘が改善されるということはなんとなくイメージできます。

 

でも、多くのヨーグルトに含まれている乳酸菌は目的の大腸に届く前に胃や小腸で消化されて死滅してしまうらしいのです。

 

それでも、既に棲んでいる腸内の善玉菌のエサにはなるようですから、腸内環境を整える上で全く効果がないというわけではなさそうです。

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、動物性乳酸菌といわれる種類のものです。

 

一方、豆乳や漬物などには植物性乳酸菌という種類の乳酸菌が含まれており、動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌のほうが生きて大腸まで届きやすいと言われています。

 

子どもが好んで食べるようなら、植物性乳酸菌を含む食べ物を多めに摂ることでヨーグルトよりも便秘解消の効果があらわれるかもしれません。
また、最近は市販のヨーグルトで「生きて腸まで届く」タイプのものもあります。

 

これはプロバイオティクスと呼ばれており、乳酸菌の多くが生きたまま腸に届くよう機能面で考えられた食品ですから、一定の便秘改善効果が期待できます。

 

腸内の善玉菌の大好物であるオリゴ糖をかけて食べれば、お腹の調子もグンとよくなるのではないでしょうか?

 

ただ、乳製品は便を硬くする作用もあるようです。

 

子どもにヨーグルトを与えすぎると、かえって便秘につながることもあるようなので適量で様子をみるようにしましょう。

 

子どもの便秘とヨーグルトの効果関連ページ

乳幼児の便秘解消の鉄則
乳幼児の便秘解消の鉄則を解説しています。乳幼児の便の状態から判断する解消のポイントとは?
我が家の改善法
ほとんどのお母さんは乳幼児の便秘で悩んだ経験があります。そして、その改善法も実に様々です。あちこちから集めた改善法をご紹介します。
習慣化を防ぐコツ
便秘の習慣化を防ぐには子供の括約筋の発達する時期がカギを握っています。
赤ちゃんの便秘に砂糖水がいい理由
赤ちゃんの便秘に砂糖水が効く理由とつくり方を解説しています。すぐに試せるいい方法です。
赤ちゃんの便秘で病院に行ったほうがよい場合
赤ちゃんの便秘解消の専門サイト。赤ちゃんの便秘で病院に連れて行くときの注意点を解説しています。
赤ちゃんが便秘で吐くとき
赤ちゃんは便秘が続くと吐いてしまうことがあります。嘔吐するほどの便秘はかなり重い状態といえますから受診が必要です。
だんだんとかたくなる乳児のうんち
乳児のうんちが成長によってどのように変化するのかを解説しています。
乳児の便秘と出血
乳児が便秘で出血した時の対処の方法について。
小児の便が出ないときのチェックポイント
小児が便秘がちのときの2つのチェックポイントを解説しています。便秘の解消はまずは原因を突き止めることから!
乳児の便秘と離乳食の関係
乳児の便秘と離乳食の関係について解説しています。
食物繊維について
ひとくちに食物繊維と言ってもいろいろあります。上手な使い方は?
便秘は遺伝?
親も便秘がちだと子供も便秘になりやすいのでしょうか?それとも他に原因が?
夜更かしも子供の便秘の原因に
子供の夜更かしに注意!便秘の原因にもなるようです。子供が便秘がちのときは生活習慣を見直すことからはじめてみましょう。