乳幼児 便秘解消

乳幼児の害のない便秘解消法

乳幼児の便秘解消は安全で安心できる方法を取りたいというのが親心です。

 

乳幼児の便秘解消法

やはり効果が高くても副作用があったり、乳幼児にとって痛いものやきついものはさけたいところです。

 

乳幼児に害のない便秘解消法という点では、やはり日ごろの生活習慣から取り組むことが大切となります。

 

つまり、乳幼児に与える食事の内容やマッサージ・運動、そしてトイレに時間を決めて座らせることなどです。

 

こうした乳幼児のよい生活習慣は、家にたとえるなら基礎や土台になる部分です。

 

便秘解消だけでなく、乳幼児が心身ともに健やかに育っていくためには、まずこの土台がしっかりしていないと、この先の病気やいろんな問題で親も大変な思いをすることが多くなります。

 

ですから便秘解消に役立つ生活習慣を実践する中で、それでも乳幼児が便秘で苦しそうにしている時は、比較的即効性があり、なおかつ害のない便秘解消法を一時的なものとして実行していきましょう。

 

乳幼児の即効性の高い便秘解消法としては綿棒浣腸があります。

 

これは家庭でもすぐに行なうことができ、くせになったりすることもないので、乳幼児が便秘で苦しそうな時はまず試してみましょう。

 

ただ少々コツが必要で、乳幼児も慣れないうちは怖がって泣いたり嫌がったりするかも知れません。

 

乳幼児の便秘があまりに長く解消しない場合や体調が悪そうに見えるときは、病院にみてもらったほうがよいかもしれません。

 

病院では害のない下剤や座薬、浣腸などを処方されることでしょう。

 

一方で、自己判断で市販の薬を使ったり、無理なマッサージをしたりするのは乳幼児のからだに悪影響を与えることがあるので注意しましょう。

 

便秘解消の薬について

 

また精神面の害も注意しておきたいところです。

 

乳幼児が泣いたり騒ぐからといって、厳しく叱ってしまうと逆効果です。

 

そのことで乳幼児は排便することを怖がって、一生懸命に我慢するようになるかもしれません。

 

そのような時には痛みをやわらげる工夫が必要です。

 

 

 

乳幼児の便秘で最後の奥の手 こちらへ