新生児 便秘

新生児の便秘の原因は?

新生児の時期は、母乳栄養なのかミルク栄養なのかによって便の状態や回数もかなり変わってくるようです。

 

新生児

母乳栄養の新生児の便は、悪臭がなく、すっぱいようなにおいがします。また便の回数も多く、便が柔らかいため便秘になることは比較的少ないようです。

 

それでも、生後一ヶ月を過ぎて腸の働きが整ってきた頃には、しだいに便の回数は減り、便秘を疑うような時期もあります。

 

これは腸の働きが整ってきたことと、母乳の消化吸収がよいためであり、赤ちゃんが苦しんでいる様子がなければ、特に心配する必要はありません。

 

しかし母乳の質が新生児の便秘に影響することもあります。後述しますが、母乳の質は赤ちゃんの腸内環境と切り離せない関係にあり、新生児の腸内環境が整っていないと便秘になりやすくなります。

 

 

次にミルク栄養の新生児の便ですが、一般に母乳の場合よりもやや乾燥していて、回数は少なめになります。しかし、最近のミルクの成分は母乳にかなり近づいているそうですから、ミルクの新生児でもゆるい便の場合もあります。

 

いずれにしても、ミルクの場合は母乳よりも便の回数が少なくなりがちですから、何日か便が出ないとしても新生児が元気な様子ならあまり心配をしないでよいということです。しかし、新生児の便が固くてコロコロしたかたまりが集まったように出てくる場合は、便秘の一種です。

 

 

母乳、ミルク、あるいは混合栄養いずれにしても、新生児の便の回数が2,3日おきになったとしても、便がある程度やわらかくて新生児も元気なら心配はありません。それは便秘だと考える必要はありません。

 

 

一方で、新生児がいくら力んでも水っぽい便さえ出なかったり、便がコロコロと固いなら便秘を疑う必要があります。

 

新生児が便秘になる原因ですが、離乳食をはじめる前ですから食べ物が悪いわけではありません。

 

 

考えられる原因の一つとして水分不足があげられます。

 

その場合は、昔から言われている方法ですが、お風呂上りに授乳に影響のない時間に白湯を飲ませたり、麦茶や砂糖水を少しずつあげてみましょう。与えすぎてオッパイを飲まなくなることがないように、1回20〜30ccずつ1日100〜150ccぐらいを目安にちびちびと飲ませましょう。またミルクの赤ちゃんの場合は、ミルクの量を増やすのがよいかもしれません。

 

砂糖水のつくり方
生後1〜2ヶ月なら、まず5%の砂糖水を与えてみるといいと思います。小さじ1杯(約5g)の砂糖かグラニュー糖を哺乳瓶に入れて100ccになるまで湯冷ましを加えます。

 

 

さらには、新生児の便秘は新生児が緊張していることが原因でおきるとも言われています。大腸の一部にけいれんがおき、便が一時的にそこで停滞してしまうので水分が少なくなり、小さなかたまりの便になってしまうのです。

 

赤ちゃんにやや神経質な気質があるのかもしれません。
(お母さんに強いストレスがあったり、夫婦喧嘩をすると赤ちゃんが便秘になるとも言われています。)

 

 

しかし、新生児が便秘になる根本的な原因として考えられるのは腸内環境が整っていないことです。

 

胎児

お母さんのお腹の中にいる時の赤ちゃんは無菌状態です。

 

それが自然分娩の場合には、お母さんの産道を通りながら、そこにいる菌を取り込んで腸内環境を整える準備をします。

 

そして、生まれた後には母親の母乳に含まれるオリゴ糖が、赤ちゃんの腸内にいる善玉菌のエサとなって腸内環境が整えられていきます。

 

ところが、近年は帝王切開による出産や産後の無理なダイエットによる母乳の質の低下などによって、腸内環境が整っていない新生児も多いようなのです。

 

また自然分娩の場合でも、もともとお母さんの腸内環境が悪玉菌優勢だったときは、その腸内環境が新生児にも引き継がれるという研究報告もあります。

 

新生児の腸内環境が整っていない状態で、便秘を改善しようと水分補給や静かな生活環境をつくってもあまり大きな効果はのぞめません。

 

まずはお通じをよくする土台づくりとして、腸内環境を整えることに取り組みましょう。

 

たとえば、ミルクにオリゴ糖マルツエキスをまぜることでお通じがつきやすくなります。

 

また生後3ヶ月頃を過ぎているなら果物の搾り汁を倍に薄めて、オリゴ糖を少し加え、1回に10ccから始めて、柔らかい便が出るまで、毎日少しずつ量を増やして授乳の間に飲ませるとよいでしょう。

 

 

赤ちゃんの便秘で最後の奥の手はこちら
.