赤ちゃん 便秘

赤ちゃんの便秘を解消するには?

赤ちゃんの便秘解消法には様々なものがありますが、実際に改善に役立つかどうかはその赤ちゃんの体質や体調によっても異なります。

 

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの様子をみながら、いろいろと試しつつその子にとって効果のありそうなものを見つける必要があります。

 

また赤ちゃんが離乳食の前なのか、それとも離乳食を始めているのかによっても原因に違いが生じます。

 

離乳前のころの原因はこちら

 

離乳以降の原因はこちら

 

それぞれの原因を知った上で、一番よい方法を試してみましょう。

 

また赤ちゃんの体はとてもデリケートですから、便秘によいものでも使い過ぎたり、強く刺激するのは避けなければなりません。

 

少しずつ様子を見ながら試してみるようにしましょう。

 

赤ちゃんの便秘解消に役立つ方法として一般的に以下のようなものがあります。

 

マッサージ

赤ちゃんを仰向けに寝かせて、おへそを中心に時計回りに手のひらでソフトにさすります。「の」の字を書くような動きでやさしくなでるように行ないます。この方法でうんちの出る方向に腸を刺激することができ排便を促し便秘を解消します。けっして強く抑えたりさすったりしないでください。

 

詳しくはこちら

 

綿棒浣腸

大人用の綿棒をほぐしてベビーオイルやオリーブオイルをたっぷり塗り、それを赤ちゃんの肛門の回りに塗ってすべりをよくしてあげます。そして綿棒を肛門の奥1〜2cmのところに出し入れして刺激します。決して深くまで入れないようにしてください。

 

詳しくはこちら

 

白湯

便秘の原因となる水分不足を解消します。風呂上りや授乳に影響の無い時間に白湯を1日100〜150mlぐらいの目安で赤ちゃんにちびちびと飲ませます。ベビー用の麦茶でも良いでしょう。

 

 

糖水やマルツエキス

砂糖やオリゴ糖に白湯を加え10%ぐらいの濃度の糖水を作ります。まずは20ccぐらいを赤ちゃんに与えて様子を見ます。糖分によりウンチが柔らかくなり便秘にいいそうです。マルツエキスは薬局で売られている赤ちゃん用の便秘薬です。やはり湯冷ましで薄めて飲ませます。

 

マルツエキスについて

 

屈伸運動

寝転んだ赤ちゃんの足首を持って、ペダルこぎの要領で赤ちゃんの足を屈伸させます。また足全体をゆっくり左右に振って金魚が泳いでいるかのように動かす金魚運動も良いとされています。

 

便秘に効く運動とマッサージ

 

 

 

乳幼児の便秘で最後の奥の手 コチラへ