子供 便秘 腸

腸元気が超元気のもと

誰もがもっている体の器官のひとつである「腸」。

 

子供の便秘は多くの場合、食生活や生活習慣や生まれもった体質などにより腸の働きが十分でないことで起きるようです。ですから、いろいろな方法を試して腸を働きを向上させ、腸の能力を高めてあげれば慢性的な便秘であっても解消していくことが多いようです。

 

シーソーで遊ぶ子供

しかし、腸が元気になることで生じるメリットは、単に便秘にならないということにとどまりません。

 

なんと腸が元気になることで、子供が病気知らずのたくましい体に成長し、ストレスを感じにくいタフな精神力を身につけ、明晰な思考力で学力がアップすることにもつながっていくのです。

 

なんで「腸」が元気になるだけでそのようなことが起きるのか、不思議に思われるかもしれません。

 

そもそもほとんどの人は、体の器官の中でも「腸」のことはあまり考えないことが多いのではないでしょうか。顔や体格など外から見える部分を別にすると、からだの内部の器官でよく注目されるのは「脳」や「心臓」といったところです。

 

ところが近年になって医学や科学の研究が進むにつれ、「腸」が人間の体にとっていかに重要な器官であるかということが分かってきたのです。それで最近では「腸」に関することを中心に扱った書籍も増えていますし、雑誌などでもよく特集が組まれるようになってきました。

 

もちろん体の器官の中では、どれも大切であり、どれかが欠けても健康に大きなダメージがありますが、特に腸に注目することには理由があります。

 

それは腸の機能を向上させることで、他の器官にも全体的な良い影響が及ぶからです。そして、子供の腸は親の努力によって鍛えていくことができるからです。

 

つまり、腸を元気にすることは子供が健康で強く賢くなるための出発点といえるのです。

 

なぜ腸がそれほど重要な働きをもっているのか、どうすれば腸の機能を向上させることができるのか、以下の記事にまとめていますので時間をとってじっくりお読みください。