乳児 便の回数

乳児の便の回数が多い時に注意するポイント

乳児の便秘で悩むお母さんも多い一方で、同年齢の他の子と比べて便の回数が多いのでは?と心配するお母さんもおられるようです。

 

結論から言えば、乳児の体重が順調に増加していて元気な様子ならば何も心配する必要はありません。

 

乳児の便の回数というのは本当に個人差が大きいようです。

 

特に栄養の内容の変化が大きくなる新生児期や乳児離乳期では、同じ子でも便の回数にかなりの変動があることがあります。

 

1日7回も便をしていたのが、3日に1度になるということもあります。

 

腸の機能の発達も関係しているのでしょう。

 

ですから、単純に他の乳児と比べて便の回数が多いとか少ないとかで判断することはできません。

 

その子がミルクをよく飲み、元気がよくて、ちゃんと体重が増えていれば心配はありません。

 

ただ乳児が慢性的に下痢で、そのために便の回数が多いのであれば注意が必要です。

 

アレルギー性の下痢であったり、特定の栄養素の吸収不全、さらにはすい臓などの異常から下痢になっている可能性もあります。

 

このようなときの便は、水っぽくて悪臭が強くあり、下痢便です。

 

そして、体重の増加も極端に悪くなります。

 

もし乳児にそのような傾向が観察されるようであれば、病院で相談したほうがよいでしょう。

 

赤ちゃんの下痢に関する関連記事

 

乳児の便の回数が多い場合関連ページ

赤ちゃんの下痢|原因と対処法
赤ちゃんはどんな時に下痢をするのか、下痢になったらどう対処したらよいかを解説したページです。
乳幼児の痔
乳幼児が痔になったときの注意点と対処について
赤ちゃんに血便がみられたら
赤ちゃんに血便が出たときに疑われる病気など。
肛門裂傷になると便秘が悪化?
肛門裂傷によって便秘が悪化することも。その対策は?
乳幼児のお尻のただれ
乳幼児のお尻がただれている時。あふれ出し失禁の原因と対処法について解説しています。