新生児メレナ

新生児メレナについて

生まれてから1ヶ月までの赤ちゃんのことを新生児といいますが、この時期に起こしやすい症状として、新生児メレナによる吐血や下血があります。

 

新生児メレナは、ビタミンKが不足しているために起こる病気です。

 

ビタミンKはとても微量な栄養素ですが、血液を凝固されるためにとても重要な役割をしています。

 

ビタミンKが少ないと体のあちらこちらで出血が起きるのです。

 

新生児でビタミンK不足から血を吐いたり、血便がみられる病気を新生児メレナといい、主に消化器官からの出血によってそのような症状が起こります。

 

そのままにしておくと、1〜2ヶ月後には頭の血管に出血を起こす特発性乳児ビタミンK欠乏性出血症となるおそれもありますから要注意です。

 

新生児メレナを防ぐために、病院ではビタミンKのシロップを新生児に飲ませます。

 

新生児は大人に比べるとビタミンKが不足しやすいのでこのような病気の心配があるそうです。

 

母乳栄養の新生児の場合は、お母さんもできるだけビタミンKを多く含んだ豆類やレバーなどを多く食べて赤ちゃんのビタミンK不足を予防するとよいでしょう。

 

ところでビタミンKは、腸内菌の働きによって体内で合成されるようです。

 

やはり新生児の腸内環境を整えることは子どもの健康にとって本当に大切ですね。

 

 

自然で健康的に子どもの腸内環境を整える方法 こちらへ

新生児メレナについて関連ページ

赤ちゃんの下痢|原因と対処法
赤ちゃんはどんな時に下痢をするのか、下痢になったらどう対処したらよいかを解説したページです。
乳児の便の回数が多い場合
乳児の便の回数が多い場合の注意点を解説しています。
乳幼児の痔
乳幼児が痔になったときの注意点と対処について
赤ちゃんに血便がみられたら
赤ちゃんに血便が出たときに疑われる病気など。
肛門裂傷になると便秘が悪化?
肛門裂傷によって便秘が悪化することも。その対策は?
乳幼児のお尻のただれ
乳幼児のお尻がただれている時。あふれ出し失禁の原因と対処法について解説しています。