乳糖不耐性下痢

乳児の不耐性下痢とは?

乳糖不耐性下痢は乳児が母乳やミルクに含まれている乳糖を分解するための酵素が不足しているために起きる下痢です。

 

この乳糖を分解する酵素ラクターゼは通常は胎児の時から乳児の体内にあり、生まれた時点で母乳の乳糖を分解・吸収することができるようなからだのしくみになっています。

 

しかし、何らかの理由でラクターゼが不足している乳児の場合は、母乳やミルクを与えると水のようなウンチが出て脱水症状を起こすことがあります。

 

お腹も張ってゴロゴロと音を立てます。

 

うまれながらにラクターゼをもっていない場合を先天性乳糖不耐症といい、急性の下痢などの理由によって一時的に腸の酵素の働きが弱って起きる下痢を二次性乳糖不耐症といいます。

 

ミルクで育つ乳児にとっては成長に関わる問題ですから、とても心配になりますが、乳糖分解酵素製剤という薬があり、また乳糖を含まないミルクも市販されています。

 

このミルク(無乳糖乳)には乳糖が分解された状態の栄養素が含まれますから、乳児の成長には問題はありません。

 

ただ、水のような下痢をした時に乳糖不耐性下痢かどうかを早めに診断してもらう必要がありますから、やはり乳児の便によく注意して健康状態を知ることは大事です。

 

 

乳児の乳糖不耐性下痢とは?関連ページ

赤ちゃんの下痢|原因と対処法
赤ちゃんはどんな時に下痢をするのか、下痢になったらどう対処したらよいかを解説したページです。
乳児の便の回数が多い場合
乳児の便の回数が多い場合の注意点を解説しています。
乳幼児の痔
乳幼児が痔になったときの注意点と対処について
赤ちゃんに血便がみられたら
赤ちゃんに血便が出たときに疑われる病気など。
肛門裂傷になると便秘が悪化?
肛門裂傷によって便秘が悪化することも。その対策は?
乳幼児のお尻のただれ
乳幼児のお尻がただれている時。あふれ出し失禁の原因と対処法について解説しています。