赤ちゃん 神経質

すぐに緊張する赤ちゃんについて

赤ちゃん

赤ちゃんの中には生まれて間もない時から、敏感でひどく緊張している赤ちゃんがいます。

 

ちょっとした音がしたり、体の位置がほんの少し動いただけでビクッとします。

 

ベッドに寝かせようと横にしたり、抱いている腕をかえるとびっくりして泣き出すこともあります。

 

おふろをとても嫌がって、あふろに入っている間ずっと泣いているということもあるかもしれません。

 

このようにすぐに緊張する赤ちゃんは、いつも静かな環境においておくのが良いようです。

 

部屋を静かにする、部屋に人をあまり入れないようにする、低い声で話すようにする、移動させる時は静かに動かすようにする、オムツを替えるときは大きな枕の上に寝かせて行なう、毛布にくるみそのまま横に寝かせる、など工夫が必要です。

 

もともとの気質もありますが、親の接し方やその後の環境によってかなり改善されるようです。

 

 

実はうちの子も小さい頃はとても神経質で横に寝かさせるだけで泣き出してしまい、定期検診の時なども苦労した記憶があります。

 

少し大きくなって幼児になってからも病院で異常なほど泣きわめいて先生もあきれたほどです。

 

今は小学生になりましたが、やや神経質なところはあるものの快活に友達と走り回っていて、病院も全然平気になりました。

 

親自身が心配しすぎて神経質にならないようにするのが大切ですね。

 

緊張しやすい赤ちゃんは腸がけいれんを起こしやすいため、便秘体質のことが多いようです。

 

以下のページをご参考に便秘になりにくい生活を努めて心がけてください。

 

 

子どもを便秘にしないための3つの習慣

 


神経質な赤ちゃんについての注意点関連ページ

赤ちゃんの下痢|原因と対処法
赤ちゃんはどんな時に下痢をするのか、下痢になったらどう対処したらよいかを解説したページです。
乳児の便の回数が多い場合
乳児の便の回数が多い場合の注意点を解説しています。
乳幼児の痔
乳幼児が痔になったときの注意点と対処について
赤ちゃんに血便がみられたら
赤ちゃんに血便が出たときに疑われる病気など。
肛門裂傷になると便秘が悪化?
肛門裂傷によって便秘が悪化することも。その対策は?
乳幼児のお尻のただれ
乳幼児のお尻がただれている時。あふれ出し失禁の原因と対処法について解説しています。