乳幼児 お尻 ただれ

乳幼児のお尻のただれは排便異常の可能性も

乳幼児、特に離乳食の時期のお子さんでお尻のまわりがただれるようであれば、排便の異常が起きている可能性があります。

 

この時期の乳幼児は便秘になりやすく、肛門に近い直腸というところに硬い便が詰まって、それが少しずつ漏れ出してくるため、いつもお尻に便がついているような状態になってしまいます。

 

そのために肛門のまわりが赤くただれてしまうようです。

 

便の出が悪くて硬いコロコロしたウンチしか出ないようであれば、便秘が疑われますが、それが長く続くとお尻のただれだけでなく、排便時に肛門に傷がついてしまう肛門裂傷になる可能性もあります。

 

赤くただれたところは小まめにウェットティッシュなどでふき取ってあげ、いつも清潔にしてあげてください。

 

そして、お尻のただれは便秘のサインと考えて、乳幼児の排便習慣に注意を払ったほうがよいでしょう。

 

便秘が長く続くようであれば、小児科で浣腸をしてもらい、たまった便を取り除くことが必要です。

 

ご家庭でも綿棒浣腸を試してみるのもよいと思います。

 

あとは便秘になりにくい生活習慣を続けてあげれば大抵は便秘は改善していきます。

 

便秘が改善していくにともなってお尻のただれやチビチビとオムツを汚すこともなくなっていくことでしょう。

 

 

安心・安全な乳幼児の便秘解消法はこちらへ

 

乳幼児のお尻のただれ関連ページ

赤ちゃんの下痢|原因と対処法
赤ちゃんはどんな時に下痢をするのか、下痢になったらどう対処したらよいかを解説したページです。
乳児の便の回数が多い場合
乳児の便の回数が多い場合の注意点を解説しています。
乳幼児の痔
乳幼児が痔になったときの注意点と対処について
赤ちゃんに血便がみられたら
赤ちゃんに血便が出たときに疑われる病気など。
肛門裂傷になると便秘が悪化?
肛門裂傷によって便秘が悪化することも。その対策は?