子供 便秘 薬

子供用の便秘薬の種類

子供の便秘解消のための薬は、市販のものと病院で処方されるものがあります。

 

病院の医師

子供がまだ幼い頃は市販の薬を使う際も、医師の指示のもとに使用したほうがよいでしょう。

 

市販の薬は3歳未満の子供は使用不可のものがほとんどです。7歳以上の子供のみ使用可能の薬もあります。

 

幼い子供の体はとてもデリケートなので、市販の便秘薬を使う際は注意書きをよく読み、心配なら医師に相談の上で使うようにしましょう。

 

市販の便秘の薬の中で3歳未満の子供でも使用できる薬としては、和光堂のマルツエキスがあります。

 

マルツエキスは、水あめのようなもので子供に飲みやすい便秘薬です。麦芽糖の発酵作用により腸の運動を活発にして排便を促し便秘解消する効果があります。

 

また病院で処方されるものとしては他にも「モニラック」「マグネシウム」「ラキソベロン」といった下剤、「テレミンソフト」といった座薬や浣腸、肛門が傷ついている時に塗る「ゲンタシン」などがあります。

 

便秘薬に頼ることの心配

 

これらの処方される薬は比較的即効性がありますが、それを繰り返し使わなければならないとすると少し問題です。

 

たとえ効果のある薬でも、それらは一時的な対処法であり、便秘の根本的な原因を取り除くものではありません。

 

離乳前のころの原因はこちら

 

離乳以降(1歳〜3歳ごろ)の原因はこちら

 

こうした便秘薬によって排便する習慣が子どもについてしまうと、自力で排便する能力はますます衰えていきます。

 

それが長く続くと、依存症のようになってしまい、「薬がなければ出せない」という状態にさえなってしまう恐れがあります。

 

やはり薬はあくまで補助的なものと考え、薬だけに頼るのではなく、まずは食生活や運動など生活習慣の改善によって、子供が自力で排便する習慣をもてるように助けてあげましょう。

 

子どもが苦しそうなときは薬を活用しつつも、同時に生活の中で便秘体質を徐々に改善していくというのが薬との上手な付き合い方と言えます。

 

薬ではないけど毎日子どもに飲ませたいもの

便秘薬のような副作用はなく、安心して飲めるもので、なおかつ便秘改善の効果が期待できる健康食品があります。

 

それがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖は腸を刺激してたまったウンチを強制的に出すといったものではありません。

 

むしろ、腸内環境に少しずつ働きかけて、ウンチのたまりにくい体質へと変化させていく作用があります。

 

ですから、便秘薬のように飲めばすぐ翌日にでもスッキリできるというわけではありませんが、一定期間飲み続けることで便秘になりにくい体へと変わっていくことができます。

 

特に純度の高いオリゴ糖の場合は、無添加で天然原料のみでつくられていますから小さなお子さんでも安心して毎日与えられます。

 

便秘薬とあわせて上手に活用し、便秘知らずの子どもへと育てましょう。

 

子どもに最適のオリゴ糖食品はこちら