便秘 マッサージ 赤ちゃん 幼児

便秘に効くマッサージ

便秘に効果のあるマッサージには幾つかの方法があります。

 

乳幼児のからだというのはとてもデリケートなので、強く押したり刺激を与えすぎないように注意しながら試してみてください。

 

「の」の字マッサージ

 

のの字マッサージ

赤ちゃんを仰向けに寝かせて、おへそを中心に時計回りに手のひらでソフトにさすります。

 

1日3回ほど「の」の字を書くような動きで、ゆっくりやさしくなでるように行ないます。

 

この方法でうんちの出る方向に腸を刺激することができ排便を促して解消します。

 

 

 

金魚運動

 

金魚運動

 

 

 

赤ちゃんに行う場合は、お尻と足を支えるように持って金魚が泳ぐかのように優しく左右に動かしてあげます。腸を刺激するので便秘にいいそうです。

 

 

 

 

 

 

ゆらゆらマッサージ

 

赤ちゃんの両脇に手を当てて、5〜10回左右にゆらゆら揺らします。お腹にたまったガスを出す効果があります。

 

 

屈伸運動(自転車こぎ)

 

寝転んだ赤ちゃんの足首を持って、ペダルこぎの要領で赤ちゃんの足を屈伸させます。便秘の原因になる運動不足を解消します。

 

 

肛門マッサージ

 

比較的即効性のあるマッサージで、赤ちゃんをオムツ替えの時のような体勢で仰向けに寝かせ、両足を持ち上げて、肛門のすぐ上のあたりや肛門のまわりを親指の腹でかるくゆっくりと押します。うつ伏せでもOKです。このマッサージすることで反射的な排便を誘発する効果があります。

 

 

 

乳幼児の便秘で最後の奥の手 コチラへ