赤ちゃん 便秘 綿棒

赤ちゃんの便秘で綿棒浣腸するときに注意することは?

赤ちゃんが便秘の時に綿棒で浣腸を行なうことがありますが、その際に幾つか注意点があります。

 

赤ちゃんが便秘

使用する綿棒は大人用をほぐして使ってください。

 

赤ちゃん用のベビー綿棒は細くてあまり刺激にならないことがありますし、また硬いため直腸の粘膜を傷つけるおそれがあります。

 

もし肛門に傷がある場合は、綿棒浣腸はやめて医師に相談しましょう。

 

最適なタイミングとしては、授乳や食後の30分後くらいが一番腸の動きが活発になりますので、その頃に行なうと効果的です。

 

ウンチが出ても汚れないように、赤ちゃんのお尻の下にオムツや新聞紙を敷いておきます。

 

赤ちゃんの体勢は、オムツを替えるときのような体勢で別の人に足をおさえてもらっておくとよいでしょう。

 

赤ちゃんを綿棒で刺激

ほぐした綿棒にベビーオイルかオリーブオイルをたっぷり塗って、まず肛門の回りにあててすべりやすくします。

 

次に穴を開く感じで円を描くように、肛門から中1〜2cmのところを刺激します。

 

空いている手で赤ちゃんのお腹を軽くつかむようにすると腹筋に力が入り出やすくなります。15秒ぐらい行ない、それでも出なければ再度行ないます。

 

あるいは、赤ちゃんのお尻に2〜3cm押し入れ、前後に動かして刺激します。
(綿の部分が隠れるくらいやや深めに入れて刺激することが秘訣)

 

綿棒を抜いた後で最後に指の腹で肛門を軽く押してあげるのも良いようです。どうしても分からないときは小児科などで指導してもらえますので尋ねてみて下さい。

 

何度か試してみても便が出ない場合は、赤ちゃんの肛門付近の便が固くなって、栓のようになっている可能性があります。

 

お尻に固いウンチが見え隠れしている場合は、綿棒などを使って固い便をかき出してあげると、奥のやわらかい便が出やすくなるようです。ただし、これは摘便(てきべん)と言われる医療行為なのでご家庭ではあまり無理には行わないようにしてください。

 

綿棒浣腸は癖になるのではないかと心配する人も多いようですが、まだ赤ちゃんの頃には癖になるということはないようです。むしろウンチがたまったままにすることのほうが便秘の慢性化につながることもあり問題です。

 

赤ちゃんが便秘になったらまずは試してみてください。
綿棒浣腸する前に知っておきたいこと こちらへ