乳児 母乳

乳児の便秘と母乳の関係

母乳栄養の乳児の便は、やわらかいのが普通で、便秘はあまりみられないといわれます。

 

乳児と母乳

実際に母乳栄養の乳児は、ミルクなど人工栄養で育つ乳児に比べると一般的に腸内環境が整っており、便秘になりにくいと言われています。それは、母乳に含まれるオリゴ糖が腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やす働きをするからです。

 

それでも、まったく心配の無いわけではなく、母乳の質や量によっては便秘がちになることがあります。

 

特にお母さんの産後の無理なダイエットや食事の偏りによって母乳の質が低下している場合も多いようです。

 

乳児が生後一ヶ月を過ぎて腸の働きが整ってきた頃には、しだいに便の回数は減るものですから、何日か便が出なくとも乳児が元気そうであれば、そして便がやわらかければ心配はありません。

 

しかし、乳児が息んでいたり、痛がった様子だったり、ウンチの量が少ないかほとんど出ないということが頻繁に見られるようであれば注意が必要です。

 

母乳の量が足りていないと、カスとして出る便の量も足りないため、乳児が便秘がちになることがあります。

 

母乳の場合はミルクの時と異なり、飲んだ量が分かりにくいため、足りているかどうかを乳児の体重増加の様子で判断する必要がありますが、お医者さんや保健師さんと相談しながらミルクを足すことを検討してみましょう。

 

また母乳の質は母親の食べる物に大きな関係があるとも言われています。お母さんが肉や乳製品など脂肪分の多いものばかり食べると母乳もドロドロして出にくくなるのです。

 

母乳

そうなると乳児もおっぱいを吸う力がいるため、汗をかいて水分不足になりがちで便秘につながりますし、消化が悪くなることも原因になります。

 

乳児が便秘がちのときは母親も母乳の質に注意をして、油ものはなるべく控えめにしておき、食物繊維の多く含まれた食事をとるように心がけると良いようです。

 

また乳児の水分不足による便秘を防ぐために水分を白湯や麦茶などで一日数回少しずつ与えるとよいでしょう。

 

さらにお母さんの体の冷えが、母乳に影響することもあるようです。その結果、母乳を飲む赤ちゃんの体も冷えて血行が悪くなり、便秘になりやすくなるそうです。

 

母乳は本来は乳児の腸内環境を整えて、便秘になりにくくする素晴らしい働きがあります。それでも、乳児は病気や体調の変化など様々な理由で便秘になることがありますので、母乳をあげているにもかかわらず便秘になってしまったからと気落ちする必要はありません。

 

母乳の働きを補うものを乳児に与えることで、便秘になりにくい腸内環境に改善することは十分に可能です。

 

 

 

乳幼児の便秘で最後の奥の手 コチラへ