オリゴ糖 便秘

オリゴ糖が便秘によい理由

オリゴ糖が便秘に効果があるということで、最近いろいろなところで話題になっています。

 

しかしオリゴ糖自体は、もともと植物の中に含まれる成分であり、研究者によってかなり昔に発見され、腸内環境を整えるのに効果があることが知られていました。

 

オリゴ糖の発見のきっかけとなったのが、母乳栄養の赤ちゃんが人工栄養の赤ちゃんよりも下痢などになりにくいという事実でした。

 

そして研究が進むにつれて、母乳の中に腸内のビフィズス菌を増やし腸内環境を整える因子が含まれていることが分かりました。

 

その母乳に含まれるビフィズス菌を増やす因子こそオリゴ糖だったのです。

 

オリゴ糖グラフ

右のグラフはヒトの腸内のビフィズス菌が年齢によってどのように変化していくかを示しています。

 

このグラフによると、一般に生まれたばかりの赤ん坊は腸内の細菌の90%近くがビフィズス菌によって構成されているという非常に理想的な状態にあることが分かります。

 

だから、生まれたばかりの赤ちゃんの便はほとんど「嫌なにおい」がしません。

 

しかし、ビフィズス菌は年齢を重ねるにつれて急激に減っていき、成年期には腸内細菌の15%にまで減ってしまいます。

 

これは単純に考えてビフィズス菌の「エサ」となるオリゴ糖を摂取する機会が少なくなっているからです。(ちなみにヨーグルトなどで口から取り入れた善玉菌は腸に届くまでに大半が死滅すると言われています。)

 

 

このことを乳幼児の便秘との関係で考えると、質の良い母乳で育つ赤ちゃんは、母乳に十分に含まれるオリゴ糖によって、腸内環境を整えるのにとても有利なことがわかります。

 

腸内環境が整うと、腸は活発に働くので、それだけ便秘にはなりにくくなります。

 

しかし、近年はお母さんの産後の無理なダイエットなどによって母乳の質が低下したり、母乳を飲ませなくなるケースが多くなっているようです。

 

また出産の時に帝王切開で生まれた赤ちゃんは、産道を通らないために、腸を整えるため本来取り込むべきはずの菌を取り込んでいないとも言われています。

 

さらには自然分娩でも、もともとママの腸内環境が悪玉菌優勢だと、その腸内環境が赤ちゃんに引き継がれる面もあるそうです。

 

その結果、便秘になって苦しむ子が増えており、中にはそのまま成長して腸が発達してもなかなか便秘が解消しないこともあります。

 

 

このような場合には、良質のオリゴ糖を食品として体内に取り入れることで、便秘を改善する上で母乳と同等の効果を期待することができます。

 

ところが、純度の高い良質のオリゴ糖を抽出することは安価では困難なのだそうです。

 

ですから、オリゴ糖食品は近所のスーパーなどでも売られていますが、それらのほとんどは液体でありオリゴ糖が30%ぐらいの純度の低いものです。質のあまりよくない母乳よりも、さらに劣ると考えられますので、腸を整える点での効果はあまりのぞめません。

 

乳幼児も安心して飲める本格派オリゴ糖はこちらへ