子どもの吐き気が便秘から?

子どもは様々な要因によって吐き気をもよおしたり、嘔吐する場合があります。便秘もひとつの原因となりますが、それ以外に病気が原因となっているケースもありますから注意が必要です。

親としてはとても心配になりますが、まずは子どもの様子をよく観察して緊急性が高い症状なのか、そうでないかをよく見定めなくてはなりません。

重い病気によって吐き気の起きるケースとしては、腸重積症や脳腫瘍などがあります。

熱のある子どもいずれも早めに病院を受診する必要がありますが、腸重積症に関しては緊急性も高いので疑われる場合は救急車を呼ぶなど即座の対応が求められます。

腸重積症の症状として特徴的なのは、赤いジャムのような下血があることや激しい腹痛でうずくまるようにお腹をおさえることです。これらの症状を伴うときは腸重積症を疑いましょう。

さらに子どもはロタウイルス腸炎などの感染症にかかって激しく吐くときもあります。この場合は下痢も伴うことが多いようです。

こうした病気以外に便秘のみが原因となって吐き気を感じることもあるようです。

これは特に便秘がひどく悪化した場合にのみ生じるようですが、子どもの腸内に便がたまりすぎると食べたものが胃から腸へと下りていくことができなってしまいます。

そのために行き場を失った胃の内容物が逆流して口から出てしまうことになります。これが吐き気や嘔吐につながります。

そこにいたるまでには食欲がなくなることが多いようですが、子どもの場合は感覚がよく分からずに食べ続けてしまうこともあり、それが嘔吐につながることがあるようです。

嘔吐するほどの便秘はかなり重症ですから、病院で浣腸をしてもらうなどしてたまった便はすみやかに出す必要があります。

また普段の生活の中で便秘を改善するための対策がとても重要になってきます。子どもの便秘対策はこちら

また小さい子どもの嘔吐は脱水症状になりやすいため水分補給を十分に行なう必要があります。

吐き気や嘔吐が症状として病気は多く存在しますから、便秘が嘔吐の原因だと思っていたら、別の病気が背後に隠れていたということも少なくありません。

便が出ても吐き気がおさまらないようなら、吐き気の原因が明確にわからないうちは念のために病院で診てもらったほうがよいでしょう。

公式サイトへ
子どもの便秘解消サイト

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ