乳幼児の排便の痛みを抑えるには?

便秘が続いたり、ひどい便秘でなくともうんちが硬くなっているときは排便時にひどい痛みを感じることがあります。

このような時は乳幼児のお尻の穴付近が傷ついていたり、切れている可能性があり、こうした状態は肛門裂肛と呼ばれます。

通常は肛門は伸縮性があって、うんちの量に応じて広がりますが、広がる限度を超えた大きなうんちが一度に出たり、硬いウンチが出たりすると裂傷になってしまうのです。

このような傷が一度できてしまうと乳幼児は排便するたびに鋭い痛みを感じますので泣き叫んだり、排便を嫌がって我慢するようになったりします。

乳幼児の出したうんちに赤く鮮血が付着している場合は、この裂肛になっている可能性が高いですし、傷が小さいときは血がついていないこともあります。

傷は大抵自然に治っていきますが、痛みをやわらげるために軟膏などを肛門に塗ってあげるとよいようです。

また小児科を一度受診して確認をしてもらったほうが安心です。

そして、傷の治りを早くするためにもうんちがやわらかくする食べ物や飲み物を多めにとるとよいでしょう。

みかんなど柑橘系の果物の果実や果汁はうんちをやわらかくする作用があります。

また砂糖水やオリゴ糖などの糖分も腸内に水分を呼び込むので効果が期待できます。

公式サイトへ
子どもの便秘解消サイト

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ