乳幼児の便秘で寒天を試してみては?

便秘解消に効果のある食べ物として寒天もよく登場しますね。

寒天ゼリーは大抵の子供にとっておやつとして食べやすいですから、これで便秘が改善できたら理想的ですね。

寒天は食物繊維が約80%を占めており、これはあらゆる食品の中でもっとも高い割合です。

食物繊維はうんちのもとになるので量の不足を補います。

また食物繊維は吸水力がありますから大腸内で水分を吸収して便をやわらかくする作用もあります。

ただ注意点もあり、寒天粉の量が多いと水分を過剰に吸収しすぎてしまい、今度は便秘を悪化させる原因ともなることがあるようです。

この点で寒天ゼリーにすると水分を一緒にとれるので、バランスがよいようです。

同じく便秘に効果のあるプルーンやみかんなどの果物やフルーツジュースなどでつくると乳幼児も喜んで食べますし、効果も高まって一石二鳥です。

寒天ゼリーは粉寒天をジュースなどに溶かしてつくりますが、しっかりと沸騰させないと溶けないので注意をしてください。

少し甘みが足りないときは、これまた便秘改善にとてもいいオリゴ糖を加えてみるとよいかもしれません。

寒天はやや消化しにくい面もありますので、離乳食の赤ちゃんは中期以降ぐらいから与えるようにしましょう。

公式サイトへ
子どもの便秘解消サイト

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ