子供の腹痛の3割以上が便秘?

子供はいろいろな理由で腹痛を訴えることがあります。特に小さなお子さんの場合は、自分の症状を上手に説明することができないので、親としても余計に心配してしまいますね。

激しく泣く女の子そのように子どもが腹痛を訴えている場合に、まず疑ってみる必要があるのが便秘です。

専門家によると、腹痛で小児科に来る子どもの3割から4割が便秘を原因とするものだそうです。とても多い割合ですが、腹痛の原因としてはトップになっています。

ですから、子供がお腹の痛みを訴えていたり、そのようなそぶりが見られるようなら、ここ数日を思い出してみてウンチがきちんと出ているかどうかをチェックしてみて下さい。

なぜ便秘で腹痛が起きるのか

便秘によって腹痛が起きるのは、ひとつには腸内にガスがたまりお腹が張るので、それが苦しさを感じさせる元になります。

また、水分を失って小石のように硬くなった便は、子ども自身が腹圧で出そうとしてもなかなか出ません。それで、お腹も痛くなって不快感を感じさせることになります。

便秘になっているかどうか確かめる方法として、少し大きい子であれば、仰向けに寝かせて膝を立てた状態にしてあげます。こうすると、お腹が少しゆるみますから、軽く左の下腹あたりをおさえてみてください。

便がたまっていれば、コロッとした塊の感触があるはずです。

子どもの便秘による腹痛を和らげるには?

腹痛を訴えるほどの便秘になっている子どもの場合は、たまった便を出すために浣腸を行うのが早道です。

市販の子供用のイチジク浣腸などもありますが、初めて使用するときや親が使用する自身のないときは、小児科で行ってもらうほうが安心です。

浣腸でたまった便とガスが出てしまえば、即座に元気になる子供も多いようです。

そこまでひどい痛みはなくて浣腸をするほどではないなら、何となく気持ち悪いだけなのかもしれません。その場合はママが手の平をお腹に当ててあげるだけでも子どもが安心して、症状も楽になることがあります。

普段から便秘がちの子供なら、腹痛を予防するためにも食べ物や生活習慣を少し変えてあげる必要があるかもしれません。

食事の時間や寝る時間を規則正しくするよう心がけることや、日中は外で体をしっかりと動かすようにするなら排便のリズムも規則正しくなっていきます。

食事の面では、食物繊維が多く含まれる野菜を使った味噌汁やスープなどは最適です。

また発酵食品の納豆やヨーグルトは腸内環境を整えて腸の働きを良くしてくれます。

もっと理想的なのは、オリゴ糖です。ほんのりとした甘さなので子供も大好きですし、腸内の善玉菌をたくさん増やしてくれますから、腸内環境の改善効果が期待できます。

子供の便秘についてさらに詳しくはこちら

心配な腹痛を見分ける

もちろん子どもの腹痛の原因は便秘だけではありません。中には緊急性の高い腹痛もありますから注意しなくてはなりません。

小児科の受診そのような緊急性の高い腹痛を起こすものとして、腸重積や急性虫垂炎、腸閉塞などあります。これらは我慢できないほどの強い痛みが特徴ですが、他にも以下のような症状が見られたらすぐに病院にいきましょう。

  • 出た便にジャムのような血がついている。
  • お腹全体が張っている。
  • 周期的な痛みがある。
  • 痛みが段々強くなっている。
  • 発熱や嘔吐がある。

また、緊急性は高くなくとも発熱・下痢・嘔吐など腹痛以外にも症状が見られるときは風邪や感染性胃腸炎なども疑われます。早めに病院を受診しましょう。

公式サイトへ
子どもの便秘解消サイト

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ