子供の便秘にビオフェルミンは有効?

整腸薬として有名なビオフェルミンですが、子供でも使用することはできるのでしょうか?

錠剤タイプの新ビオフェルミンS錠では、使用上の注意として5歳未満のお子様は「服用しないこと」とされています。おそらく誤嚥のおそれがあるためと思われます。

5歳未満の子どもも服用できるタイプのものとして、新ビオフェルミンS細粒があります。

こちらはパウダー状なので生後3ヶ月の乳児からでも服用することができます。しかも、わずかな甘みがあって飲みやすくなっています。

ビオフェルミンの効果

ビオフェルミンは乳酸菌の力によって腸内環境を整えるお薬です。

大腸で活躍する乳酸菌コンク・ビフィズス菌末のほか、小腸で働くコンク・フェーカリス菌末やコンク・アシドフィルス菌末も配合されています。

便秘や軟便など便通のスッキリしない悩みにピッタリのお薬です。

即効性はありませんが、飲み続けることで腸内環境を段階的に整えて、便通を正常に戻していきます。

逆に効果を実感できるまで続けなければ意味のないお薬とも言えるでしょう。

ビオフェルミンと相性の良いオリゴ糖

ママと2人の赤ちゃん

子どもの頑固な便秘に対しての最強の組み合わせは、乳酸菌とオリゴ糖です。

オリゴ糖は乳酸菌(ビフィズス菌)のエサとして働き、乳酸菌を活発化する働きがあります。

ですから、ビオフェルミンと一緒にオリゴ糖を摂取するなら、さらに効果を高めるのに有効といえそうです。

オリゴ糖は様々な食物や母乳にも含まれていますが、子どもの食事量は決して多くはありませんし、離乳食前の赤ちゃんの場合はなおさら食事からオリゴ糖を摂取することは難しくなります。

また乳酸菌の種類によっても、好むオリゴ糖がありますから、単一のものではなく、様々な種類のオリゴ糖を摂取することが便秘の改善に大きく役立ちます。

そこでお勧めなのは、カイテキオリゴです。

カイテキオリゴは、7種類のオリゴ糖をEOS理論に基づき最適な割合でブレンドした健康食品です。

純度ほぼ100%で、赤ちゃんでも安心して飲める無添加の粉末タイプです。

ビオフェルミンS細粒と混ぜて服用するのにちょうど良いですし、ミルクに混ぜて摂取させることもできます。

ビオフェルミンとカイテキオリゴで、一日も早いスッキリを目指しましょう!

カイテキオリゴについての詳細はこちらのページで

公式サイトへ
子どもの便秘解消サイト

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ