トイレトレーニングの始め方

トイレトレーニングの始め方はタイミングが大事

おまるに座る子ども

子どものおしっこの間隔が2〜3時間あいてきたら、おしっこを膀胱にためておけるようになったサイン、トイレトレーニングの始め時です。時期の目安についての参考記事

 

始め方として、まずはオムツをつけたままにしておき、頃合をみてトイレまたはオマルに誘ってみましょう。

 

でも、そろそろかなとトイレに誘ってみても、子どもはなかなかしてくれない・・・ということもよくあると思います。

 

トイレに誘うタイミングをよく選ばなければなりません。

 

トイレに誘うタイミングは、おしっこがたまっていそうなときです。

 

「出そうと思えば出る」という時ではなく、膀胱におしっこがたまっており、いつもならおしっこしているはずなのにまだしていない、というようなときを狙います。

 

たとえば、朝起きた時にオムツが濡れていないとか、お昼寝のあとしばらくおしっこをしていないということに気づいたら、誘い時かもしれません。

 

「チーしてみようね」と言ってトイレやオマルのところまで連れて行って座らせてあげましょう。

 

トイレトレーニングの始め方の注意点

ここで大事な事は強制しないことです。

 

おしっこが出るまで強引に座らせておくとか、子どもが嫌がっているのに無理して連れて行くのは多くの場合に逆効果になります。

 

子どもはトイレに行きたがらなくなって、トイレトレーニングが非常に進めにくくなります。

 

最初の頃はあまり構えることなくさりげなく誘い、子どもがトイレに行く気になれば一緒に行き、遊びなどに夢中で行きたがらなければそのままでいいのです。

 

始めたばかりの最初は誘ってもトイレで出さないことのほうが多いと思いますが、1回成功し、また次に1回成功し、というように1回ずつうまくいくことが増えるにつれて徐々に成功率が上がっていくことと思います。始め方はできるだけスローステップがよいのです。

 

一番の理想は子どもが遊びのような楽しい気持ちでトイレに行き、おしっこをトイレでするのはいいことだと感じるようになることです。

 

トイレに行くまでの時間を楽しいストーリーにしたり、トイレを楽しく飾ったりしていろいろと工夫してみるとよいかもしれません。逆に親が焦ったり、神経質になると子どももトイレやオマルに座ることを嫌がったり、おしっこをすることを嫌いになることがあります。

 

親は少し視点を引いて客観的になり、子どもと一緒にトレーニングを楽しむというぐらいの感覚で勧めるとよいかもしれません。

 

ぜひ理想の始め方で、トイレトレーニングを成功させましょう!

 

 

トイレトレーニング中に便秘対策が重要な理由こちらへ

 

トイレトレーニングの始め方関連ページ

トイレトレーニングは便秘対策が重要
トイレートレーニングを成功させるには便秘対策が重要なカギとなります。理想的なうんちで健康的にトイレトレーニングを完了するには?
トイレトレーニングはなぜ必要なの?
なぜ幼児にはトイレトレーニングが必要なのでしょうか?脳のしくみなどからトイレトレーニングが必要な理由を説明します。
トイレトレーニングはいつから?時期の3つの目安
トイレトレーニングはいつから始めるのが良いでしょう?最適な時期は子どもによって異なってきますから、よく観察することが大切です。始める時期の目安となるおしっこサインのキャッチの仕方を解説しています。