トイレトレーニング 便秘

トイレートレーニングと便秘の関係

トイレトレーニング

トイレートレーニングも、おしっこが自分でできるようになると、後はうんちで完了です。子どもによっては、うんちの方が先にできる子もいるかもしれません。

 

いずれにしても、トイレトレーニングをスムーズに完了するために便秘対策がとても重要になってきます。

 

なぜなら、子どもが便秘でつらい思いをすると、トイレ自体に恐怖を感じたり、拒否反応が出てしまうからです。

 

そうなってしまっては、自分ひとりでトイレに行くことなど到底望めないことでしょう。

 

便秘になると子どものウンチはとても硬くなり、お尻の出口付近が切れたり、痔ができたりすることも少なくありません。この状態で排便すると、刺すような鋭い痛みが走り、出血することもありますから、子どもは泣き叫ぶようなります。

 

そこまで行かない場合でも、硬いものを出すことに強い違和感を感じて、怖くなって泣く子もいます。これが続くと、ウンチを出すのを無理に我慢したり、トイレに行くことを激しく拒否したりするようになってしまいます。

 

一方で、いつもスルッとした健康的なウンチが出るなら、子どもは排便自体に対しては恐怖心などを感じることはないでしょう。

 

何よりも理想的なウンチは、子どもの健康がとても良い状態にあることを表しています。

 

便秘がちになっているときの腸内環境は、悪玉菌と言われる細菌がお腹の中で悪さをしている状態で、これが免疫バランスを崩したり、腸壁を荒らして、様々なアレルギーや感染症の原因となることもあるようです。

 

トイレトレーニングを成功させるためにも、元気な子に育つためにも、幼い時期からの便秘予防と対策をしっかり行っていきましょう。

 

トイレトレーニングの時期だから取り入れたいオリゴ糖習慣

大変なトイレトレーニングの時期だからこそ、子どもの腸内環境を整えて便秘を防ぐということが大切になってきます。

 

その点で一番オススメできるのはオリゴ糖を毎日与える習慣をつくることです。

 

オリゴ糖はビフィズス菌という腸内細菌の大好物です。

 

オリゴ糖をたくさん与えられたビフィズス菌は、腸内で酢酸や乳酸をたくさん生成して腸内をとてもきれいな状態にしてくれます。その結果、腸の働きは活発になり、便秘になりにくくなりますし、病気のもととなる悪玉菌の増殖しにくい環境が作られていきます。

 

質の良いオリゴ糖であれば、純度が高いので砂糖や食品添加物などは含まれておらず、天然の原料のみで製造されます。ですから、虫歯なども心配せずに毎日安心して与えられます。

 

トイレトレーニング中に最適のオリゴ糖情報はこちらへ

トイレトレーニングは便秘対策が重要関連ページ

トイレトレーニングはなぜ必要なの?
なぜ幼児にはトイレトレーニングが必要なのでしょうか?脳のしくみなどからトイレトレーニングが必要な理由を説明します。
トイレトレーニングはいつから?時期の3つの目安
トイレトレーニングはいつから始めるのが良いでしょう?最適な時期は子どもによって異なってきますから、よく観察することが大切です。始める時期の目安となるおしっこサインのキャッチの仕方を解説しています。
トイレトレーニングの始め方
トイレトレーニングの始め方。トイレに誘うタイミングと上手な誘い方のポイントをまとめました。